2008年01月04日

思いがけない発見

ドラゴンクエストのカードゲーム、

モンスターバトルロードについては前にも触れたが、 (こちら)

先日のスーパー片隅のゲーセンに・・・


「た・お・せ! た・お・せ!!」


突然、倒せコールが始まった。

雪乃は側にあるベンチに座っていたのだが、

何事が起きたのかと思い、行ってみた。

小学1年生くらいの子を、8人ほどの男女児が応援していたのだ。

後で息子に説明を受けたが、

ゲーム内容自体がよく分からないので・・・

申し訳ないのですが書けませんっ。

とにかく、

そこでたまたま会った子を応援していたのは事実。

殺せコールなら、止めるところだったパンチ

その日は数回、応援コールを聞いた。

たまたま似たようなテンションの持ち主が集まったのだろう。

笑っている大人もいた。雪乃もまた、面白かった。





カードゲーム機の走りと言えば、ムシキング。

出始めは、息子が幼稚園年中時だったと思う。

ムシキングという名前すら知らなかった頃、

スーパー片隅のゲーセンで

子どもによる長蛇の列を見かけた。

驚いたがく〜(落胆した顔)

待つのがあまり得意ではないであろう幼稚園、小学校低学年児が

こーんなに並んで・・・

待てるのだろうか?!

いや・・・待っているのだ、横入りする子など いないよう。

何に並んでいたのかは後で知り、やはり息子もやりたがった。

「でも カードないから出来ないじゃん」

その言葉で納得し、あきらめ続けた息子。



そんななか・・・

仲良しのお隣のお兄ちゃん達が遊びに来たある休日・・・

どーっさり持って来たのだ!

ぴかぴか(新しい)ムシキングカードぴかぴか(新しい)

初めて触れる、憧れのカードに感激しきりの息子揺れるハート

雪乃も思わず手に取る。

すると



「ダブったカードいっぱいあるからさぁ、

 息子クンにあげるね」
わーい(嬉しい顔)



歓喜の声を上げる息子グッド(上向き矢印)




ぎょえーーーっ!!がく〜(落胆した顔)

焦る雪乃あせあせ(飛び散る汗)

ちょっと待ったぁーーっ!! の紅鯨団である。


「いいからいいから!

 だってこれ、1回100円でしょ?!

 ただではもらえないわよ!!

 ママに聞いてからにしようよ、ね!」




・・・結局、ムシキングカードを手にすることになった息子ダッシュ(走り出すさま)

「これでムシキング、出来るね」わーい(嬉しい顔)


ご機嫌快晴全開モードである晴れ

怖いものなしのパワフル全力疾走 とも言えよう。

次の休日は誰よりも早く起き、

ジャンプ・でんぐり返し・ダンスDANCEの大騒ぎであった。

お店に着くと、一目散にムシキング機へ。

いるわいるわ並ぶ並ぶの大行列。

自分の前に並んでいる子に


「ねぇキミ!何のカード持ってる?」


体当たりするかのような勢いで問う息子。

見事にドンビキされていた。

驚きのあまり、一歩下がる相手の子。

気持ちは分かる。



息子は気にせず

「僕さぁ、カードなかったから出来なかったんだけどぉ

 隣んチのお兄ちゃん達からもらってぇ、

 やーーーっと!!出来るようになったのぉわーい(嬉しい顔)


 僕のカード、見せる?グッド(上向き矢印) (相手からは返事なし)
 

 もらったカードはぁ、これとぉ、これとー・・・」



まくし立てる息子。

危害こそ加えないが、

おとなしい子なら

間違いなくひくであろう高すぎるテンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



息子がその子にカードを披露しているのを見て、

別な子たちが反応。

その子達に ようやく相手をしてもらえる息子。

少しホッとする。

このような現象はしばらくの間続いた。



「この子の親って・・・あそこ?」

と、雪乃なら 興味深々で見るであろうヤツの行動。

恥ずかしいので、いつも離れていたものだ。

夫も・・・同様であった。



ムシキング後は、必ず喉の渇きを訴えた。

あれだけ興奮し喋りまくれば、喉も渇くし疲れるであろう。



セガのトイレまで、

ムシキング中の息子の雄叫びが聞こえてきたことも

一度や二度ではない。



あれから4年…

誰とも臆せず話せるというところは変わらないが、

お友達に対するアプローチの仕方については成長したと思う。

とほほエピソードばかり書いている雪乃だが、

時にこうして、思いがけず 息子の成長に気付かされたりする。

ブログを始めて良かったなぁグッド(上向き矢印)

と、しみじみ感じる母なのでしたぁムード





今日も読んでくださり、ありがとうございま〜す揺れるハート
クリックしていただけると 嬉しいデスわーい(嬉しい顔)
   ↓
にほんブログ村 家族ブログへ

←よろしかったらこちらもお願いしま〜す♪





posted by 一姫雪乃 at 21:16| Comment(8) | TrackBack(1) | 息子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとまったコール!

ねるとんっすね
私も参加したかったですです

なつかし〜っという訳で

応援のポチ!
Posted by はらぐろ at 2008年01月04日 22:50
☆はらぐろさん☆
コメントありがとうございまぁす♪

そこそこ!
突っ込んでいただき、嬉しゅうございます(喜)
懐かしいですよね〜。

雪乃は紅鮭団に出たかったですぅ。
ん?違ったかしら???
Posted by 一姫雪乃 at 2008年01月05日 00:43
雪乃さん〜紅鯨団って・・
若い人は知らないよ・・。
サビチョビも知らないって言いたいけど
知ってるんだな〜。
悲しい〜(>o<)

息子くんの天真爛漫さは
和むね〜。
近くに居たらめちゃめちゃ可愛がっちゃうよ!
「よ〜しよしよし」ってむつごろうさん攻撃よ!

そのまま真っ直ぐ真っ直ぐ育ってね!(^▽^)
Posted by サビチョビ at 2008年01月05日 01:21
そうそう、紅鯨団は年齢限定かも!?
ちなみに私はよ〜く知ってるけど・・・
私も出たかったしぃ〜

息子君、いいな〜 ゆずも息子君みたいに自分から声をかけられる子になって欲しいなぁ〜
ゆずは列に並んでいて、ちょっと乱暴そうな子や大きい子が来ると、一歩引いてしまって・・・
気がつくと列の後ろに下がっている事も・・・
そんなわが子を見ているのも辛かったですよ。

息子君がお友達だったら、ゆずも変わるんだろうな!!
Posted by みっくすプリン at 2008年01月05日 10:54
☆サビチョビさん☆
コメントありがとうございまぁす♪

ええぇっ?!紅鯨団マズイ?!年バレる?!
いいのいいの、今度はひょうきん族で
責めちゃうわよっ(笑)

「見せる?」とか「教える?」とかは
今でも息子の得意技なんです。
ちょっとウザイ系(爆)
Posted by 一姫雪乃 at 2008年01月05日 11:53
☆みっくすプリンさん☆
コメントありがとうございまぁす♪

今だから笑えるけどね、
小さい頃はハラハラしっぱなしだったんですよぉ。

ゆず君、これから何かのきっかけによって
変わることもあるから、長〜い目でね(^0^)
Posted by 一姫雪乃 at 2008年01月05日 12:15
自分もねるとんコール
古っ!てコメろうとしたら!
みなさんやっぱり
反応されてましたね・・・
Posted by ミナト at 2008年01月05日 19:36
☆ミナトさん☆
コメントありがとうございまぁす♪

ふと思い出してしまったのですよ、紅鯨団。

夫の反応は鈍かったのですが、
みなさまは反応してくださったので
嬉しかったです(^0^)
Posted by 一姫雪乃 at 2008年01月05日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76457157
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

妻ゲーセンへ
Excerpt: 昨夜妻は21時に寝た。 飲み会の帰宅後妻に「明日は俺が出かけるつもりだったが、今日の 飲み会で発散出来たので、やはり妻の方が出かけて良いよ」と伝える。 「やったぁ。嬉しい」と妻。 「明日は自転車で駅ま..
Weblog: sajunkoさんの次に唄ふ
Tracked: 2008-01-14 13:42
ページTOPへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。